RPGツクールMV用プラグイン日本語訳

日本語版 YEP Row Formation プラグインVer1.16

更新日:

こちらは「隊列システムを導入するプラグイン」です。

最新版はYanfly様のサイトで英語版が配布されています。
http://yanfly.moe/

これを簡単に日本語化したファイルをアップいたしました。

どなたかのお役に立てば幸いです。

 /*:ja
 * @plugindesc v1.16 隊列の位置による利点を与える隊列システムを導入します
 * @author Yanfly Engine Plugins
 *
 * @param ---一般---
 * @default
 *
 * @param Maximum Rows
 * @parent ---一般---
 * @type number
 * @min 1
 * @max 10
 * @desc 使用される最大列数。 この値はゲーム中には変更できません。 最小:1   最大:10
 * @default 3
 *
 * @param Command Name
 * @parent ---一般---
 * @desc 隊列形成コマンドに使用されるコマンド名。
 * @default 隊列
 *
 * @param Auto Add Menu
 * @parent ---一般---
 * @type boolean
 * @on YES
 * @off NO
 * @desc メインメニューに 'Row'コマンドを自動的に追加しますか?
 * NO - false     YES - true
 * @default true
 *
 * @param Show Menu Command
 * @parent ---一般---
 * @type boolean
 * @on 表示
 * @off 非表示
 * @desc メインメニューにコマンドを表示しますか?
 * 非表示 - false     表示 - true
 * @default true
 *
 * @param Enable Menu Command
 * @parent ---一般---
 * @type boolean
 * @on 許可
 * @off 禁止
 * @desc メインメニューのコマンドを許可しますか?
 * 禁止 - false     許可 - true
 * @default true
 *
 * @param Show Battle Command
 * @parent ---一般---
 * @type boolean
 * @on 表示
 * @off 非表示
 * @desc 戦闘メニューにコマンドを表示しますか?
 * 非表示 - false     表示 - true
 * @default true
 *
 * @param Enable Battle Command
 * @parent ---一般---
 * @desc 戦闘メニューでコマンドを許可しますか?
 * 禁止 - false     許可 - true
 * @default true
 *
 * @param Battle Cooldown
 * @parent ---一般---
 * @type boolean
 * @on 必要
 * @off 不要
 * @desc プレーヤーは隊列を変えた後何ターン待つ必要がありますか?
 * @default 1
 *
 * @param ---デフォルト---
 * @default
 *
 * @param Default Row
 * @parent ---デフォルト---
 * @type number
 * @min 1
 * @max 10
 * @desc メモタグによって変更されない限り、すべてのバトラーによって使用されるデフォルトの隊列。 最小:1   最大:10
 * @default 1
 *
 * @param Enemy Row Lock
 * @parent ---デフォルト---
 * @type boolean
 * @on ロックする
 * @off ロックしない
 * @desc 隊列を変更した後、敵の隊列をロックしますか?
 * ロックしない - false     ロックする - true
 * @default false
 *
 * @param ---メニュー設定---
 * @default
 *
 * @param Use Map Sprite
 * @parent ---メニュー設定---
 * @type boolean
 * @on マップスプライト
 * @off SVスプライト
 * @desc メニュー表示スプライト: SVスプライト/マップスプライト
 * SVスプライト - false     マップスプライト - true
 * @default false
 *
 * @param Front Buffer Y
 * @parent ---メニュー設定---
 * @desc フロントビューを使用している場合、スプライトバッファのY式
 * @default (rect.height - 48) / 2;
 *
 * @param Side Buffer Y
 * @parent ---メニュー設定---
 * @desc サイドビューを使用している場合、スプライトバッファのY式
 * @default (rect.height - 64) / 2;
 *
 * @param ---位置設定---
 * @default
 *
 * @param Alive Row Index
 * @parent ---位置設定---
 * @type boolean
 * @on 生メンバーのみ
 * @off 全メンバー
 * @desc 隊列インデックスを計算する時、対象基準の生のみ(true)・戦闘不能を含める(false)を決めてください
 * @default false
 *
 * @param Maximum Row X
 * @parent ---位置設定---
 * @desc 隊列のX値に対する最大X位置値
 * @default screenWidth - partySize * 32 - 16
 *
 * @param Maximum Row Y
 * @parent ---位置設定---
 * @desc 隊列のY値の最大Y位置値.
 * @default screenHeight - statusHeight - 16
 *
 * @param Minimum Row Y
 * @parent ---位置設定---
 * @desc 隊列のY値に対する最大Y位置値。
 * @default screenHeight - statusHeight - 16 - (maxSize * 64)
 *
 * @param Center Row Y
 * @parent ---位置設定---
 * @desc 隊列のY値に対する中央のY位置の値。
 * @default (maxRowY + minRowY) / 2 + 16
 *
 * @param ---隊列1設定---
 * @default
 *
 * @param Row 1 Name
 * @parent ---隊列1設定---
 * @desc 隊列の呼称
 * @default 前列
 *
 * @param Row 1 Help Line 1
 * @parent ---隊列1設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default 最前列です。
 *
 * @param Row 1 Help Line 2
 * @parent ---隊列1設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default 近接戦闘職を配置します。
 *
 * @param Row 1 States
 * @parent ---隊列1設定---
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * 割り当てられたステートをスペースで区切ります。
 * @default
 *
 * @param Row 1 States 1.5.0
 * @parent ---隊列1設定---
 * @type state[]
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * これはMV1.5.0以降で使用されます。
 * @default []
 *
 * @param Row 1 Home X
 * @parent ---隊列1設定---
 * @desc 隊列の Home X の場所を決定する式
 * @default maxRowX - (maxRows - rowId) * 112 + rowIndex * 32
 *
 * @param Row 1 Home Y
 * @parent ---隊列1設定---
 * @desc 隊列の Home Y の位置を決定する式
 * @default centerY + ((rowSize / -2 + 0.5) + rowIndex) * 32
 * 
 * @param ---隊列2設定---
 * @default
 *
 * @param Row 2 Name
 * @parent ---隊列2設定---
 * @desc 隊列の呼称
 * @default 中列
 *
 * @param Row 2 Help Line 1
 * @parent ---隊列2設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default 中央の列です。
 *
 * @param Row 2 Help Line 2
 * @parent ---隊列2設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default 中央から戦うことができる者を配置します
 *
 * @param Row 2 States
 * @parent ---隊列2設定---
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * 割り当てられたステートをスペースで区切ります。
 * @default
 *
 * @param Row 2 States 1.5.0
 * @parent ---隊列2設定---
 * @type state[]
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * これはMV1.5.0以降で使用されます。
 * @default []
 *
 * @param Row 2 Home X
 * @parent ---隊列2設定---
 * @desc 隊列の Home X の場所を決定する式
 * @default maxRowX - (maxRows - rowId) * 112 + rowIndex * 32
 *
 * @param Row 2 Home Y
 * @parent ---隊列2設定---
 * @desc 隊列の Home Y の位置を決定する式
 * @default centerY + ((rowSize / -2 + 0.5) + rowIndex) * 32
 * 
 * @param ---隊列3設定---
 * @default
 *
 * @param Row 3 Name
 * @parent ---隊列3設定---
 * @desc 隊列の呼称
 * @default 後列
 *
 * @param Row 3 Help Line 1
 * @parent ---隊列3設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default 後列です。
 *
 * @param Row 3 Help Line 2
 * @parent ---隊列3設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default 近接ダメージを軽減します。
 *
 * @param Row 3 States
 * @parent ---隊列3設定---
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * 割り当てられたステートをスペースで区切ります。
 * @default
 *
 * @param Row 3 States 1.5.0
 * @parent ---隊列3設定---
 * @type state[]
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * これはMV1.5.0以降で使用されます。
 * @default []
 *
 * @param Row 3 Home X
 * @parent ---隊列3設定---
 * @desc 隊列の Home X の場所を決定する式
 * @default maxRowX - (maxRows - rowId) * 112 + rowIndex * 32
 *
 * @param Row 3 Home Y
 * @parent ---隊列3設定---
 * @desc 隊列の Home Y の位置を決定する式
 * @default centerY + ((rowSize / -2 + 0.5) + rowIndex) * 32
 * 
 * @param ---隊列4設定---
 * @default
 *
 * @param Row 4 Name
 * @parent ---隊列4設定---
 * @desc 隊列の呼称
 * @default Row 4
 *
 * @param Row 4 Help Line 1
 * @parent ---隊列4設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 4 Help Line 2
 * @parent ---隊列4設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 4 States
 * @parent ---隊列4設定---
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * 割り当てられたステートをスペースで区切ります。
 * @default
 *
 * @param Row 4 States 1.5.0
 * @parent ---隊列4設定---
 * @type state[]
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * これはMV1.5.0以降で使用されます。
 * @default []
 *
 * @param Row 4 Home X
 * @parent ---隊列4設定---
 * @desc 隊列の Home X の場所を決定する式
 * @default maxRowX - (maxRows - rowId) * 112 + rowIndex * 32
 *
 * @param Row 4 Home Y
 * @parent ---隊列4設定---
 * @desc 隊列の Home Y の位置を決定する式
 * @default centerY + ((rowSize / -2 + 0.5) + rowIndex) * 32
 * 
 * @param ---隊列5設定---
 * @default
 *
 * @param Row 5 Name
 * @parent ---隊列5設定---
 * @desc 隊列の呼称
 * @default Row 5
 *
 * @param Row 5 Help Line 1
 * @parent ---隊列5設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 5 Help Line 2
 * @parent ---隊列5設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 5 States
 * @parent ---隊列5設定---
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * 割り当てられたステートをスペースで区切ります。
 * @default
 *
 * @param Row 5 States 1.5.0
 * @parent ---隊列5設定---
 * @type state[]
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * これはMV1.5.0以降で使用されます。
 * @default []
 *
 * @param Row 5 Home X
 * @parent ---隊列5設定---
 * @desc 隊列の Home X の場所を決定する式
 * @default maxRowX - (maxRows - rowId) * 112 + rowIndex * 32
 *
 * @param Row 5 Home Y
 * @parent ---隊列5設定---
 * @desc 隊列の Home Y の位置を決定する式
 * @default centerY + ((rowSize / -2 + 0.5) + rowIndex) * 32
 * 
 * @param ---隊列6設定---
 * @default
 *
 * @param Row 6 Name
 * @parent ---隊列6設定---
 * @desc 隊列の呼称
 * @default Row 6
 *
 * @param Row 6 Help Line 1
 * @parent ---隊列6設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 6 Help Line 2
 * @parent ---隊列6設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 6 States
 * @parent ---隊列6設定---
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * 割り当てられたステートをスペースで区切ります。
 * @default
 *
 * @param Row 6 States 1.5.0
 * @parent ---隊列6設定---
 * @type state[]
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * これはMV1.5.0以降で使用されます。
 * @default []
 *
 * @param Row 6 Home X
 * @parent ---隊列6設定---
 * @desc 隊列の Home X の場所を決定する式
 * @default maxRowX - (maxRows - rowId) * 112 + rowIndex * 32
 *
 * @param Row 6 Home Y
 * @parent ---隊列6設定---
 * @desc 隊列の Home Y の位置を決定する式
 * @default centerY + ((rowSize / -2 + 0.5) + rowIndex) * 32
 * 
 * @param ---隊列7設定---
 * @default
 *
 * @param Row 7 Name
 * @parent ---隊列7設定---
 * @desc 隊列の呼称
 * @default Row 7
 *
 * @param Row 7 Help Line 1
 * @parent ---隊列7設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 7 Help Line 2
 * @parent ---隊列7設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 7 States
 * @parent ---隊列7設定---
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * 割り当てられたステートをスペースで区切ります。
 * @default
 *
 * @param Row 7 States 1.5.0
 * @parent ---隊列7設定---
 * @type state[]
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * これはMV1.5.0以降で使用されます。
 * @default []
 *
 * @param Row 7 Home X
 * @parent ---隊列7設定---
 * @desc 隊列の Home X の場所を決定する式
 * @default maxRowX - (maxRows - rowId) * 112 + rowIndex * 32
 *
 * @param Row 7 Home Y
 * @parent ---隊列7設定---
 * @desc 隊列の Home Y の位置を決定する式
 * @default centerY + ((rowSize / -2 + 0.5) + rowIndex) * 32
 * 
 * @param ---隊列8設定---
 * @default
 *
 * @param Row 8 Name
 * @parent ---隊列8設定---
 * @desc 隊列の呼称
 * @default Row 8
 *
 * @param Row 8 Help Line 1
 * @parent ---隊列8設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 8 Help Line 2
 * @parent ---隊列8設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 8 States
 * @parent ---隊列8設定---
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * 割り当てられたステートをスペースで区切ります。
 * @default
 *
 * @param Row 8 States 1.5.0
 * @parent ---隊列8設定---
 * @type state[]
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * これはMV1.5.0以降で使用されます。
 * @default []
 *
 * @param Row 8 Home X
 * @parent ---隊列8設定---
 * @desc 隊列の Home X の場所を決定する式
 * @default maxRowX - (maxRows - rowId) * 112 + rowIndex * 32
 *
 * @param Row 8 Home Y
 * @parent ---隊列8設定---
 * @desc 隊列の Home Y の位置を決定する式
 * @default centerY + ((rowSize / -2 + 0.5) + rowIndex) * 32
 * 
 * @param ---隊列9設定---
 * @default
 *
 * @param Row 9 Name
 * @parent ---隊列9設定---
 * @desc 隊列の呼称
 * @default Row 9
 *
 * @param Row 9 Help Line 1
 * @parent ---隊列9設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 9 Help Line 2
 * @parent ---隊列9設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 9 States
 * @parent ---隊列9設定---
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * 割り当てられたステートをスペースで区切ります。
 * @default
 *
 * @param Row 9 States 1.5.0
 * @parent ---隊列9設定---
 * @type state[]
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * これはMV1.5.0以降で使用されます。
 * @default []
 *
 * @param Row 9 Home X
 * @parent ---隊列9設定---
 * @desc 隊列の Home X の場所を決定する式
 * @default maxRowX - (maxRows - rowId) * 112 + rowIndex * 32
 *
 * @param Row 9 Home Y
 * @parent ---隊列9設定---
 * @desc 隊列の Home Y の位置を決定する式
 * @default centerY + ((rowSize / -2 + 0.5) + rowIndex) * 32
 * 
 * @param ---隊列10設定---
 * @default
 *
 * @param Row 10 Name
 * @parent ---隊列10設定---
 * @desc 隊列の呼称
 * @default Row 10
 *
 * @param Row 10 Help Line 1
 * @parent ---隊列10設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 10 Help Line 2
 * @parent ---隊列10設定---
 * @desc 隊列のヘルプ説明
 * @default ヘルプ説明文
 *
 * @param Row 10 States
 * @parent ---隊列10設定---
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * 割り当てられたステートをスペースで区切ります。
 * @default
 *
 * @param Row 10 States 1.5.0
 * @parent ---隊列10設定---
 * @type state[]
 * @desc バトラーがこの列にいる時、適用されるステートを指定。
 * これはMV1.5.0以降で使用されます。
 * @default []
 *
 * @param Row 10 Home X
 * @parent ---隊列10設定---
 * @desc 隊列の Home X の場所を決定する式
 * @default maxRowX - (maxRows - rowId) * 112 + rowIndex * 32
 *
 * @param Row 10 Home Y
 * @parent ---隊列10設定---
 * @desc 隊列の Home Y の位置を決定する式
 * @default centerY + ((rowSize / -2 + 0.5) + rowIndex) * 32
 *
 * @param ---敵隊列---
 * @default
 *
 * @param Adjust Relative
 * @parent ---敵隊列---
 * @desc Adjusts enemy rows at the start of battle or as is.
 * false - As Is     true - Adjust Relative
 * @default false
 *
 * @param Enemy Row X
 * @parent ---敵隊列---
 * @desc Whenever an enemy changes rows, adjust X to this location.
 * This is a formula.
 * @default screenX - (rowId - 1) * 64
 *
 * @param Enemy Row Y
 * @parent ---敵隊列---
 * @desc Whenever an enemy changes rows, adjust Y to this location.
 * This is a formula.
 * @default screenY
 *
 * @help
 * 翻訳:ムノクラ
 * https://munokura.tk/
 * https://twitter.com/munokura/
 *
 * ============================================================================
 * Introduction
 * ============================================================================
 *
 * このプラグインは、隊列の位置による利点を与える隊列システムを形成します。
 * スキルとアイテムは、ターゲットを異なる隊列の場所に移動することができます。
 *
 * YEP_BattleEngineCore.js を使用している場合、
 * このプラグインをプラグインマネージャ管理で
 * YEP_BattleEngineCore.js プラグインの下に配置することで、
 * 戦闘中に隊列を変更できるなどの追加機能を利用できます。
 *
 * ============================================================================
 * What are Rows?
 * ============================================================================
 * 
 * 隊列は、パーティーメンバーが配置される位置です。
 * プロジェクトの隊列の設定方法(およびその数)によっては、
 * 単にその隊列にいるだけでも、
 * 隊列はパーティーメンバーにさまざまな利点をもたらします。
 *
 * 利点はプラグインパラメータ設定から
 * パーティーメンバーに与えられる状態を通して与えられます。
 * これらの利点をどのように設定するかは完全にあなた次第です。
 *
 * ---
 *
 * 設定例:
 *
 * 前列:
 * 最前列のメンバーは、近接の要素から最大のダメージを受けるでしょう。
 *
 * 中列:
 * 中列のメンバーは、近接攻撃によるダメージがわずかに少なくなりますが、
 * 遠距離武器を持っていない限り、攻撃コマンドは使えなくなります。
 *
 * 後列:
 * 後列のメンバーは、近接攻撃によるダメージがずっと少なくなり、
 * 遠距離武器を装備していない限り攻撃コマンドを使用することはできません。
 *
 * ---
 *
 * 隊列をどのように設定するかは、
 * 隊列が影響を与える状態をどのように設定できるかによって異なります。
 * これらの状態はスキルによって削除することはできず、
 * 受動的な効果があると見なされます。
 *
 * ============================================================================
 * Notetags
 * ============================================================================
 *
 * 下記のメモタグを使用して、隊列の特性を変更できます。
 *
 * アクターと敵のメモタグ:
 *   <Default Row: x>
 *   <Default Row: x, x, x>
 *   デフォルトで戦士に割り当てられているデフォルトの隊列です。
 *   デフォルトのパラメータ設定を上書きします。
 *   複数の x 値が割り当てられている場合、
 *   バトラーはそれらの隊列のいずれからでも開始できます。
 *   複数の列が含まれている場合、
 *   戦闘開始時には、バトラーはランダムな隊列を含めて開始します。
 *
 * アクター、職業、敵、武器、防具、ステートのメモタグ:
 *   <Row Lock>
 *   影響を受けたバトラーは隊列をロックされ、
 *   列を切り替えることができなくなります。
 *   敵の場合、これはデフォルトのパラメータを上書きします。
 *
 *   <Not Row Lock>
 *   影響を受けたバトラーは隊列をロックされずに、
 *   列を切り替えることができます。
 *   デフォルトではすべての味方がロックされていないため、
 *   これは主に敵用です。
 *   これはデフォルトのパラメータを上書きします。
 *
 * スキルとアイテムのメモタグ:
 *   <Row Only: x>
 *   <Row Only: x, x, x>
 *   <Row Only: x to y>
 *   このスキル/アイテムは、バトラーが列 x にいる場合にのみ
 *   バトラーが使用できるようになります。
 *   複数の列が使用されている場合、
 *   バトラーはそれらの列のどれにでも存在することができます。
 *   もしあなたが x から y へのタグを使った場合、
 *   x から y までのすべての列を指します。
 *
 *   <Change Target Row: x>
 *   ターゲットの列を x に変更します。
 *   これは1を下回ることも、
 *   パラメータに設定された指定最大行数を超えることもできません。
 *
 *   <Push Back Target Row: x>
 *   ターゲットを x 列分後退します。
 *   パラメータに設定された最大列数を超えることはできません。
 *
 *   <Pull Forward Target Row: x>
 *   ターゲットを前方にx列全身させます。
 *   パラメータに設定されている最大行数を超えることはできません。
 *
 *   <Change User Row: x>
 *   ユーザーの列を x に変更します。
 *   これは1を下回ることも、
 *   パラメータに設定された指定最大列数を超えることもできません。
 *
 *   <Push Back User Row: x>
 *   ユーザーは x 列分後退します。
 *   パラメータに設定された最大行数を超えることはできません。
 *
 *   <Pull Forward User Row: x>
 *   ユーザーは x 列前進します。
 *   パラメータに設定されている最大行数を超えることはできません。
 *
 * ============================================================================
 * Lunatic Mode - Conditional Row Modification
 * ============================================================================
 *
 * JavaScript を使って、下記のメモタグでスキルやアイテムに
 * カスタムの隊列変更プロパティを設定できます。
 *
 * スキルとアイテムのメモタグ:
 *
 *   <Custom Target Row>
 *    if (user.hpRate() > 0.50) {
 *      row += 1;
 *    } else {
 *      row = 1;
 *    }
 *   </Custom Target Row>
 *   'row'変数はターゲットの列を参照します。
 *   値に基づいてターゲットの列を設定または変更できます。
 *   列番号が小さいほど、ターゲットは相手に近づくことを忘れないでください。
 *
 *   <Custom User Row>
 *    if (user.hpRate() > 0.50) {
 *      row += 1;
 *    } else {
 *      row = 1;
 *    }
 *   </Custom User Row>
 *   'row'変数はターゲットの列を参照します。
 *   値に基づいて使用者の列を設定または変更できます。
 *   列番号が小さいほど、使用者は相手方に近いことを覚えておいてください。
 *
 * ============================================================================
 * Lunatic Mode - Conditional Row State
 * ============================================================================
 *
 * JavaScript と下記のメモタグを使用して、
 * 列の状態に条件付きのアクティブ化の適切性を与えることができます。
 * これらの状態は、プラグインパラメータの Row States を介して
 * 適用する必要があります。
 * ただし、条件が満たされない限り、それらはバトラーに適用されません。
 *
 * ステートのメモタグ:
 *   <Custom Row Condition>
 *   if (user.hp / user.mhp <= 0.25) {
 *     condition = true;
 *   } else {
 *     condition = false;
 *   }
 *   </Custom Row Condition>
 *   'condition'変数は、条件が満たされるかどうかを決定します。
 *   条件が true であれば、列状態としてバトラーに適用されます。
 *   'condition'変数が false の場合、列の状態はバトラーには適用されません。
 *
 * ============================================================================
 * Lunatic Mode - New JavaScript Functions~
 * ============================================================================
 *
 * JavaScript を使ってバトラー情報を評価する際に、
 * これらの新しく追加された機能のいくつかを利用できます。
 *
 * battler.row()
 * バトラーが現在いる列を返します。
 *
 * battler.rowIndex()
 * 同チームの同列の他のバトラーのインデックスを返します。
 *
 * battler.isRowLocked()
 * バトラーが列ロックされている場合、これは true/false を返します。
 *
 * battler.setRow(x)
 * バトラーの列を x に設定します。
 * 戦闘中、バトラーがアクティブなバトラーでない限り、
 * これはバトラーを視覚的にそこに動かすでしょう。
 *
 * battler.alterRow(x)
 * バトラーの列を x だけ変えます。
 * 戦闘中、バトラーがアクティブでない限り、
 * これはバトラーを視覚的にそこに動かすでしょう。
 *
 * $gameParty.rowSize(x)
 * $gameTroop.rowSize(x)
 * グループの列 x で見つかったメンバーの数を返します。
 *
 * $gameParty.rowAliveSize(x)
 * $gameTroop.rowAliveSize(x)
 * グループの列 x で見つかった生存中のメンバーの数を返します。
 *
 * $gameParty.rowDeadSize(x)
 * $gameTroop.rowDeadSize(x)
 * グループの列 x で見つかった戦闘不能のメンバーの数を返します。
 *
 * $gameParty.rowMembers(x)
 * $gameTroop.rowMembers(x)
 * グループの列 x の各メンバーを返します。
 *
 * $gameParty.rowAliveMembers(x)
 * $gameTroop.rowAliveMembers(x)
 * グループの列 x の各生存メンバーを返します。
 *
 * $gameParty.rowDeadMembers(x)
 * $gameTroop.rowDeadMembers(x)
 * グループの列 x の各戦闘不能メンバーを返します。
 *
 * $gameParty.updateRows();
 * $gameTroop.updateRows();
 * 特別なコマンドです。
 * パーティーの各列をチェックします。
 * 列が空の場合、または生きているメンバーがいない場合、
 * その列の後ろにある残りのすべてのメンバーは、
 * すべての空の列がなくなるまで1列進みます。
 *
 * ============================================================================
 * Main Menu Manager - Positioning the Row Command
 * ============================================================================
 *
 * メインメニューマネージャを使用していて、
 * 隊列コマンドを好きな場所に配置したい場合、次の形式を使用します。
 *
 *       Name: Yanfly.Param.RowCmdName
 *     Symbol: row
 *       Show: $gameSystem.isShowRowMenu()
 *    Enabled: $gameSystem.isEnabledRowMenu()
 *        Ext: 
 *  Main Bind: this.commandRow.bind(this)
 * Actor Bind:
 *
 * Main Menu Manager のスロットに上記の設定を挿入します。
 * 正確な設定を必要な場所にコピーすると、
 * 表示名の使用、有効化、無効化、非表示、
 * プラグインパラメータによって指定された設定にしたがって
 * 表示されます。
 *
 * プラグインパラメータから 'Auto Add Menu'をオフにするのを忘れないでください。
 *
 * ============================================================================
 * Plugin Commands
 * ============================================================================
 *
 * 以下は、ゲーム中に隊列を調整するために使用できるプラグインコマンドです。
 *
 * プラグインコマンド:
 *
 *   ShowMenuRow
 *   HideMenuRow
 *   メインメニューから隊列コマンドを表示/非表示にします。
 *
 *   EnableMenuRow
 *   DisableMenuRow
 *   メインメニューから隊列コマンドを有効/無効にします。
 *
 *   ShowBattleRow
 *   HideBattleRow
 *   戦闘メニューから隊列コマンドを表示または非表示にします。
 *   これを有効にするには YEP_BattleEngineCore プラグインが必要です。
 *
 *   EnableBattleRow
 *   DisableBattleRow
 *   戦闘中パーティーメニューから隊列コマンドが有効/無効になります。
 *   これを有効にするには YEP_BattleEngineCore プラグインが必要です。
 *
 *   SetActorRow actorId x
 *   アクターIdのアクターを隊列 x に移動するように設定します。
 *   アクター3を隊列2に移動したい場合、pluginコマンドは次のようになります。
 *   SetActorRow 3 2
 *
 *   SetPartyRow slotId x
 *   スロットIdのパーティメンバーが隊列 x に移動するように設定します。
 *   隊列3のパーティを隊列2に移動したい場合、
 *   プラグインコマンドは次のようになります。
 *   SetPartyRow 3 2
 *
 *   SetEnemyRow slotId x
 *   スロットIdの敵のメンバーが隊列 x に移動します。
 *   隊列3の敵メンバーを隊列2に移動したい場合、
 *   プラグインコマンドは次のようになります。
 *   SetEnemyRow 3 2
 *     注: ターン0の間にこのプラグインコマンドを使用し、
 *     パラメータ 'Adjust Relative'が false の場合、敵は移動しません。
 *     ターン0以降にこのプラグインを使用すると、
 *     敵は画面上の別の位置に視覚的に移動します。
 *     パラメータ 'Adjust Relative'が true の場合、敵は移動します。
 *
 * ============================================================================
 * Changelog
 * ============================================================================
 *
 * Version 1.16:
 * - Bypass the isDevToolsOpen() error when bad code is inserted into a script
 * call or custom Lunatic Mode code segment due to updating to MV 1.6.1.
 *
 * Version 1.15:
 * - Updated for RPG Maker MV version 1.5.0.
 * - Added new 'Row x States 1.5.0' plugin parameters.
 * - Added new 'Alive Row Index' plugin parameter.
 *
 * Version 1.14:
 * - Game now refreshes all battlers upon reentry into the battle after
 * entering and leaving the Row formation menu mid-battle.
 *
 * Version 1.13:
 * - Bug fixed where setting an actor's home position didn't mark their
 * original index value.
 *
 * Version 1.12:
 * - Lunatic Mode fail safes added.
 *
 * Version 1.11:
 * - Updated the conditional passives for rows to occur more frequently.
 *
 * Version 1.10:
 * - Updated <Default Row: x> notetag to also include <Default Row: x, x, x> so
 * that actors or enemies can start in any of those default rows. If multiple
 * rows are included, then at the start of the game (for actors) or start of
 * battle (for enemies), the battler will start in a random row included.
 *
 * Version 1.09b:
 * - Updated Lunatic Mode to have an innate 'user' variable.
 * - Added 'Auto Add Menu' to plugin parameters. This way, users don't have to
 * make conflict with it if manually positioning the command with the Main Menu
 * Manager plugin.
 * - Documentation update for 'SetEnemyRow slotId x' plugin command.
 *
 * Version 1.08:
 * - Updated for RPG Maker MV version 1.1.0.
 *
 * Version 1.07b:
 * - Fixed a bug that prevented the Row command in-battle from updating.
 * - Optimization update.
 * - Disabled Row States from being applied outside of battle.
 *
 * Version 1.06a:
 * - Fixed a bug where Lunatic Mode effects weren't working properly.
 * - Added a 'Use Map Sprite' plugin parameter for those using battlers that
 * are too big for the Row changing menu.
 * - Added new section to Help File on how to place Row Formation into the
 * Main Menu Manager.
 *
 * Version 1.05:
 * - Fixed a bug with user row changing notetags not working properly.
 *
 * Version 1.04:
 * - Fixed a bug with the SetPartyRow slotId x plugin command.
 * - Added 'Adjust Relative' plugin parameter for enemy rows.
 * If this value is set to false, their positions in the Troops tab is where
 * their designated row is. Meaning if you have a Wisp in Row 3, its current
 * location in the Troops tab is where it would be if it be if it was in Row 3.
 * If this value is set to true, their positions in the Troops tab is where
 * their row 1 is. Meaning if you have a Wisp in Row 3, upon starting battle,
 * it will be pushed back in positioning relative to its Troops tab position,
 * which is row 1.
 *
 * Version 1.03a:
 * - More positioning fixes. Enemies no longer shift when entering and exiting
 * the in-battle menu.
 *
 * Version 1.02:
 * - Made a change where enemies of different default rows don't automatically
 * move positions at the start of battle.
 * - Fixed an incompatibility issue for those using larger screen resolutions
 * and battle repositioning.
 *
 * Version 1.01:
 * - Fixed a bug that caused music to not replay properly when accessing the
 * Row change menu from battle.
 *
 * Version 1.00:
 * - Finished Plugin!
 */

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-RPGツクールMV用プラグイン日本語訳

執筆者:

関連記事

日本語版 YEP X Visual Hp Gauge プラグインVer1.07

こちらは「敵のHPゲージ(数値)を表示する」プラグイン です。 最新版はYanfly様のサイトで英語版が配布されています。http://yanfly.moe/ これを簡単に日本語化したファイルをアップ …

日本語版 YEP Hit Damage Sounds プラグインVer1.01

こちらは「ターゲットの防具や特定の敵の種類に基づいて、特定の打撃音を再生できるプラグイン」です。 最新版はYanfly様のサイトで英語版が配布されています。 http://yanfly.moe/ これ …

日本語版 YEP Floor Damage プラグインVer1.02

こちらは「地形タグでダメージ床を複数種類を設定できるプラグイン」です。 最新版はYanfly様のサイトで英語版が配布されています。 http://yanfly.moe/ これを簡単に日本語化したファイ …

日本語版 YEP Core Engine プラグインVer1.32

こちらは「解像度、通貨、アイテム、レベル、能力値の上限の変更など様々な変更ができるプラグイン」です。 最新版はYanfly様のサイトで英語版が配布されています。 http://yanfly.moe/

日本語版 YEP Battle Status Window プラグインVer1.09

こちらは「フロントビュー戦闘にアクターの顔画像を表示するなどカスタマイズできるプラグイン」です。 最新版はYanfly様のサイトで英語版が配布されています。http://yanfly.moe/ これを …