RPGツクールMV用プラグイン日本語訳

日本語版 HIME Enemy Reinforcements プラグイン Ver1.3

更新日:

こちらは「敵のスキルを作成し、新しい敵を召喚して戦闘に参加させる機能を追加できるプラグイン」です。

最新版は HimeWorks 様のサイトで英語版で配布されています。
himeworks.com/mv-plugins/

どなたかのお役に立てば幸いです。

/*:ja
-------------------------------------------------------------------------
@title Enemy Reinforcements
@author Hime --> HimeWorks (http://himeworks.com)
@date Aug 15, 2016
@version 1.3
@filename HIME_EnemyReinforcements.js
@url http://himeworks.com/2015/11/enemy-reinforcements-mv/

あなたが私の仕事を楽しんでいるなら、
パトレオンで私を支援することを検討してください!

* https://www.patreon.com/himeworks

ご質問や懸念がある場合、次のサイトで私に連絡できます。

* Main Website: http://himeworks.com
* Facebook: https://www.facebook.com/himeworkscom/
* Twitter: https://twitter.com/HimeWorks
* Youtube: https://www.youtube.com/c/HimeWorks
* Tumblr: http://himeworks.tumblr.com/

-------------------------------------------------------------------------
@plugindesc 敵のスキルを作成し、新しい敵を召喚して戦闘に参加させることができます。
@help
翻訳:ムノクラ
HIME系プラグインの並ベ順・和訳済リンク
https://twitter.com/munokura/ ------------------------------------------------------------------------- == 説明 == Video: https://youtu.be/ROy4nEoao-I 敵のスキルを作成し、新しい敵を召喚して戦闘に参加させることができます。 敵は、単一の敵として追加することも、 敵グループとして追加することもできます。 このプラグインを使用すると、 特定の敵グループの特定の敵が特定の位置に 存在するかどうかを確認できる機能が提供されます。 一定の時間が経過した後に援軍を自動的に消したい場合、 単一のコマンドを実行し、 別の敵グループから全ての敵の援軍を削除することで実現できます。 == 利用規約 == - クレジットを表示する非営利プロジェクトでの使用は無料 - 商用利用のために私に連絡してください == Change Log == 1.3 - Aug 15, 2016 * Fix checking whether a certain member existed 1.2 - Nov 21, 2015 * member ID's weren't normalized to 1-based 1.1 - Nov 17, 2015 * fixed "needs alive" condition for checking if added 1.0 - Nov 16, 2015 * initial release == 使用法 == 敵が戦闘に追加される時、決めることが2つあります。 ・追加される敵 ・配置される場所 このプラグインは、 データベース内の敵グループを使用して敵の位置を設定します。 追加される敵は、敵グループで選択した敵に由来し、 敵の位置は敵グループでの位置に基づきます。 この番号付けシステムに注意してください。 -- 敵の位置 -- 敵/敵グループが戦闘に追加されると、 その位置はエディタでの敵グループ設定によって決まります。 3匹のスライムを参照する場合、スライム2を戦闘に追加すると、 そのスライムは戦闘中にその正確な位置に表示されます。 同じスライムを複数回追加した場合、それらが互いに重なり合うことを意味します。 -- 敵グループの追加 -- 現在の戦闘に敵グループを追加できます。 敵グループが追加されると、 他の敵グループにいる全ての敵の表示を無視して、追加されます。 戦闘に敵グループを追加するには、プラグインコマンドを使用します。 add_enemy_troop TROOP_ID TROOP_IDは、追加する敵グループのIDです。 例えば、敵グループIDが4である場合、次のように記述します。 add_enemy_troop 4 -- 敵グループから特定の敵を追加する -- 敵グループ全体ではなく、 敵グループから特定の敵単体を追加することができます。 特定の敵を追加するには、プラグインコマンドを使用します。 add_enemy TROOP_MEMBER_ID from troop TROOP_ID TROOP_MEMBER_IDは、上述で説明した番号付けシステムを使用します。 例えば、3匹のスライム(敵グループID4)の2番目のスライムを戦闘に追加する場合、 次のように記述します。 add_enemy 2 from troop 4 -- 敵グループの除去 -- 戦闘に追加された敵グループを削除したい場合 ('全員が退却している、召喚時間が切れている'など)、 以下のプラグインコマンドを使用します。 remove_enemy_troop TROOP_ID 3匹のスライム(敵グループID4)を削除する場合は、下記になります。 remove_enemy_troop 4 -- 敵グループから特定の敵を除去する -- 下記のプラグインコマンドで、特定の敵グループから特定の敵を除去します。 remove_enemy TROOP_MEMBER_ID from troop TROOP_ID 3匹のスライム(敵グループID4)を戦闘に追加したが、 2番目のスライムを削除したい場合、下記になります。 remove_enemy 2 from troop 4 -- 敵グループが存在するかどうかを確認する -- スクリプトコールで敵グループが存在するかどうかを確認できます。 $gameTroop.isTroopReinforcementAdded(troopId, checkIsAlive) 特定の敵グループが存在する場合、 true を返します。 生き残りがいるかどうかを確認するには checkIsAlive に true を指定します。 その敵グループ内の生き残りがいる場合、 true を返します。 -- 特定の敵グループの敵が存在するかどうかを確認する -- スクリプトコール(条件分岐など)で、 特定の敵グループメンバーが存在するかどうかを確認できます。 $gameTroop.isEnemyReinforcementAdded(troopID, memberId, checkIsAlive) 敵グループの特定のメンバーが生きているかを確認する場合、 checkIsAlive に true を入れます。 第4敵グループの2番目のスライムが生きているかどうかを確認するには、 下記のように記述します。 $gameTroop.isEnemyReinforcementAdded(4, 2, true) ------------------------------------------------------------------------- */

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-RPGツクールMV用プラグイン日本語訳

Copyright© RPGツクールMV初心者的備忘録 , 2019 All Rights Reserved.