RPGツクールMV

MV事始め

更新日:

読み返したら、最初の投稿と被りまくりですが、気にしない。

MVは2000でデバッグしている途中でセールを見つけて購入しました。
セールの値段を一度見ると、定価で買うのは…ゲフン。

早速、「RPGツクールMV 初心者講座」の見出しを見て、興味がある所だけ目を通しました。
http://tkool.jp/mv/guide/

まず、マップを作りました。

1.町
2.ダンジョン
3.島

島の中にダンジョンの入口と町があるだけの構成です。
全部、最低の広さで作りました。

実はサンプルマップをロードしてみたのですが、広くて「自分は移動するので疲れるな」と思ってしまったのです。
FFやった時に「DQみたいに、建物に入らなくても店員が外にいれば良くね?」みたいな印象を持ったのを思い出しました。
買い物は繰り返すので、出入りのアニメーションが面倒だったのです。

なので、本当に最小限のマップを作ったつもりでした…が、余計なことを思いつきました。
町の中にダンジョンの入口があれば、島もいらなくね?
そして、島も削除されました(笑)

とりあえず、ダンジョンはサンプルマップを入れました。
敵データはデフォルトを見ると4種類しか登録されていません。
「まじか…少ない…」
とりあえず、最強の敵をボスに見立てて、倒したら王様に奪還を命じられたアミュレットを取り返すという、超ありがちなゲームを作りました。
一応出来ました。
オープニングは作りましたが、エンディングは王様に褒められておしまいという、まぁ人様に見せるまでもない代物です。

こっからどーすんだよ…。
途方に暮れました。
だって、敵データを増やしていく方法論なんて分かりません。
2000ではデバッグしかしてなくて、戦闘バランスは既に取られていたので、イベントの作り方はそれなりに理解していましたが、敵データなんていじったことないのです。

今考えてみれば、ここでサンプルゲームをやったり、中身のデータを見てパクっても良かったんですね。
※未だにやってない(笑)
もう、自分はツールは使えるって思っていて、楽してズルしてデータを何とか用意することしか考えてませんでした。

販売されてから結構経ってるし、プラグインとか山程配布されているんだから、そういうデータもあるかも?
検索して、一発でサンプルデータベースを配布しているサイトを発見!

創作工房春巻 | データベースサンプル
http://harumakikukan.web.fc2.com/database.html
※現状は「ネオ」とついていますが、この時点ではその前バージョンでした。

これさえあれば、あとはどうやってイベントを簡単に作るかだけだな!
とにかく2Dウィザードリィ作りたいというイメージだけはハッキリしてました。
次は、ランダムマップを如何に楽して作ったかトリアコンタン様のプラグインのお話です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-RPGツクールMV

執筆者:

関連記事

MVでランダム宝箱を作る

2000で効率よくランダム宝箱を作る方法は下記に書いてあります。 YADOT 取得するアイテムをランダムにするhttp://yado.tk/2k/06_map/015_takara_ran/ デバッグ …

no image

YEP Equip Core プラグイン初心者入門

「YEP Equip Core」は装備メニューの動作を設定できるプラグインです。 最新版(英語)のプラグインは下記からダウンロードできます。 http://yanfly.moe/yep/ 日本語訳版は …

準公式プラグインその後1

RPGツクールMVではユーザ登録したり、追加でダウンロードできるプラグインがあります。 例えば下記のようなものです。 プラグイン無料ダウンロード|RPGツクールMV https://tkool.jp/

MVでランダムに敵グループを発生させる

ハルマキ様作 サンプルDB には予め敵のグループが設定してあります。 それはフロントビューが前提のものです。 しかし、自分はサイドビューをどうしても使いたかった。 だって、せっかくデフォルトでついてる …

MVでシンボルエンカウントを作る

シンボルエンカウント自体の作り方は公式サイトに説明があります。 マップ上を歩く敵を作るhttp://tkool.jp/mv/guide/006_004k.html ただ、シンボルエンカウントにしただけ …