書籍レビュー

書籍「あなたはなぜパズドラにハマったのか」感想1/7

更新日:

P51-57「2章3:誰が遊んでいるのか」より抜粋引用

・噂では「ソシャゲをやっているユーザーは、キャバ嬢とトラックの運転手と夜勤の医師や看護師だ」
・理由は「待機時間がたくさんある」「一般的な会社員の友人と休日が合わない」
・ユーザーが一日の中で遊べる時間を計算してゲーム設計をしますが、必ずこちらの想定した時間を遥かに超えるスピードでゲームを進めていくユーザー達がいます。
・このような一般人には出来ないプレイをするユーザーは、全体の1パーセント程度ですが、実は彼らが売上の半分を支えているという事実があります。
・パチンコユーザーとの類似点が多い。
・主婦もハマる。

ソシャゲ時代に移ってからの、新しいプレイヤー像が語られています。
それまでのゲーマーとは明確に違うプレイヤー像が、売上とアクセス分析から予測されています。
フリーのブラウザHTML5ゲームは、立ち位置がよく似ていると思います。
ですので、求められるゲーム性もソシャゲに寄ってくるという仮説が立てられると考えています。
個人作ブラウザ HTML5 ゲームが集まるのはRPGアツマールとPLiCyがメインかと思いますが、Yahooゲームなどもブラウザ HTML5 ゲームにシフトしてきている様子が見られます。

ムノクラがゲーム作成をするようになってもうすぐ1年ですが、かなり以前から、新しいプラットフォームの争奪戦が始まっていたのですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-書籍レビュー

執筆者:

関連記事

書籍「あなたはなぜパズドラにハマったのか」感想3/7

P90-94「3章3:回して回して回して回す」より ・コンシューマのゲームはゲームの過程で苦しみ抜いてクリアしたときの達成感を与える仕組み。 ・対してソシャゲは大きな達成感を与えてはならない。 ・「や …

「ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ―」感想 9/11

「原因を探る - 調整作業」の部より わかりやすいところで「この敵が強すぎる」とテストプレイヤーから指摘があった場合を例に書く。 イメージを具体的にするために少し設定を追加しよう。 強すぎると指摘があ …

「ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ―」感想 8/11

「キャラを立てる - 天外魔境2」の部より 「キャラを立てる」というのは、物語に登場する人物を読者やプレイヤーに印象づけるためにその人物の特徴を際立たせることを意味している。 本書をここまで読めばおわ …

「ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ―」感想 4/11

「神経衰弱とババヌキの比較、藤子不二雄作品」の部より すでに人気が不動である作品あるいは商品を分解し、その構成部品の並べ方の順番や重みづけを少し変えるだけで、目新しい企画なんぞいくらでもできる。 子供 …

「ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ―」感想 10/11

「テレビゲームとは何か? その1 - 初めてのテレビゲーム」の部より そのオモチャは、テレビ画面の中で遊ぶエアホッケーのようなものだった。 手元の小さなつまみを回すとラケットに見立てたブロックが上下に …

サイト内検索