書籍レビュー

書籍「あなたはなぜパズドラにハマったのか」感想3/7

更新日:

P90-94「3章3:回して回して回して回す」より

・コンシューマのゲームはゲームの過程で苦しみ抜いてクリアしたときの達成感を与える仕組み。
・対してソシャゲは大きな達成感を与えてはならない。
・「やりきった感」を出させては、ゲームを終えるきっかけになってしまう。
・「遊ぶ」→「ご褒美」→「育てる」→「遊ぶ」→「ご褒美」→「育てる」…の繰り返し。
・カンストはしてしまっても、継続する動機を作る。
・イベントも黙々と遊ぶマラソンイベントだとか、みんなで協力するレイドボスイベントだとか、グループ単位で戦うギルドイベントだとか、毎回異なるタイプのものを順番に仕込むことで、ユーザーを飽きさせない循環作りを日々行っています。

この辺りでは、課金させるポイントにも触れられていたのですが、この記事では触れません。
ソシャゲでは小さいサイクルを繰り返して楽しんでもらうことを重視しているようですが、HTML5ゲームも同様の傾向を感じています。
また、最近RPGアツマールではAPIを使えるようになりました。
おそらく、ソーシャル性が出せるような試みがされているのだと思います。
他のプレイヤーと協力・交流できるというのは、遊びとしては重要な要素の1つです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-書籍レビュー

執筆者:

関連記事

「ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ―」感想 6/11

「システムでドラマを生成する - 俺の屍を越えてゆけ」の部より 「着想を企画書に落とす」(8ページ)で、「俺の屍を越えてゆけ(以下、俺屍)」では、まず世代交代というテーマに合う部品を吟味し、その部品を …

「ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ―」感想 5/11

「先にあげた数々の面白さが100円玉を1個握っていれば味わえること」の部より ゲームの中に100円ショップがある、いやいっそ、店は100円ショップしかないというゲームを想像してみよう。 普通のゲームな …

「ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ―」感想 1/11

全体としての感想 読みやすい口語体に近い崩した文体で、音声読み上げさせたらラジオトークに似た印象を受けるかも。 自分には読みやすかったが、苦手な人もいるかも知れない。 また、前半と後半とで書かれている …

「ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ―」感想 10/11

「テレビゲームとは何か? その1 - 初めてのテレビゲーム」の部より そのオモチャは、テレビ画面の中で遊ぶエアホッケーのようなものだった。 手元の小さなつまみを回すとラケットに見立てたブロックが上下に …

「ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ―」感想 2/11

「ゲームにするはずが…… – 鬼切り夜鳥子」の部より 見た目が派手な技を次々に繰り出し敵を追い詰めていくような、ストレス解消にもってこい。ある種の”S”的な快感。ひ …

サイト内検索